2014年7月アーカイブ

後ろ姿が美しいと年齢もぐっと若く感じられて素敵ですね。特に女性ならパンツスタイルやタイトなスカートが似合う体型にあこがれます。お尻がキュッとしまっていて、ウエストが細くくびれているのは理想の体型です。こんな体型は背筋を鍛えることでかなえられます。

器具を使わない方法としては、うつ伏せにまっすぐ寝ます、左腕と右脚、右腕と左脚というように交互に上げ下げを10回、次に両腕は頭の方へ伸ばしたままで両脚はそろえて10回上げる、次に両脚を上げたまま両腕を広げて上げ下げを10回、次はお腹だけを床につけて両脚と両腕を上げたまま広げたりすぼめたりを10回、このセットを3セットするという背筋運動ですが、かなりきついですが、効果はてき面、背中、お尻、太ももの筋肉が鍛えられます。

この運動のポイントは反動を使わないこと、筋肉を意識して動かす事です。慣れてきたら連続して行えるようにすると効果もアップします。
筋肉を休ませるために1日おきにトレーニングするのがコツです。

加圧トレーニングとは少ない負荷と短時間のトレーニングで効果を得られると言われ、プロスポーツやアスリートなどの間では採用している人が多いと言われています。
最近では介護やリハビリにも取りいれている医療機関もあるそうです。

加圧トレーニングの方法は、腕や脚の付け根を伸縮性のゴムチューブやベルトなどで縛って血流を滞らせた状態で軽い負荷のトレーニングを行うやり方です。

縛ることで、血流中の酸素量が減少、すると筋肉が大きな負荷がかかっていると勘違いして筋肉群が動員されます、そして血液中の成長ホルモンの量も増えて脂肪を分解し、筋肉を作ってくれます。
加圧した箇所の筋肉増量はもちろん、全身の脂肪を分解するので、ダイエットや体型の改善に効果があるとされています。

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。