無農薬野菜と一般的な野菜

| コメント(0) | トラックバック(0)
有害なものしか手に入らなければ食べないという選択も難しいものです。当たり前ですが食べなければ生きていけません。生きるためには一生食べることは続きます。
そこで安心して生きていくために、「無農薬野菜」への関心も高まっています。
農薬を使った野菜を摂取し体に溜まることを恐れ、体を守るために「無農薬野菜」に着目され、無農薬であれば安全・安心と言うイメージが作られています。
確かに農薬をたくさん使った野菜は体への悪影響は、無農薬で栽培された野菜に比べ高くなります。
この農薬は、畑の害虫を駆除する目的や、農作物の病気を予防するために使われます。これは違法ではありません。しかし、その野菜にどんな農薬がどれだけ使われたかは全く消費者側には伝わってきません。安産かどうかを知る由もありません。
しかし「無農薬野菜」は有機野菜ほどの厳しい基準がなくその作物が栽培されている期間に一切農薬が使われていない野菜ですから安心と言えるでしょう。
この「無農薬野菜」は一般的なスーパーでの品ぞろえは少ないものです。無農薬野菜専門宅配を利用することで入手できます。
安心と言える「無農薬野菜」ですがものごとはメリットがあればデメリットもあります。これは無農薬野菜にも考えられることです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.secretsofsocietyrecords.com/mt/mt-tb.cgi/7

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

このブログ記事について

このページは、shoiが2013年8月20日 14:17に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「「無農薬野菜」と言うのと「安心」と言うイメージがついてくるでしょう。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。