2013年8月アーカイブ

これは致し方ないことです。しかし、食の安全を考えると農薬なしの無農薬野菜にもデメリットがあるのでしょうか。
この無農薬野菜と言うのは、無農薬野菜を扱っているスーパーや宅配サービスを利用しなければ手に入りません。そのような特別なところでしか買えない無農薬野菜です。それほど多くの人が利用しているわけではないことも伺え知れます。
ではなぜなのでしょうか。デメリットもあるということですね。
もちろん安全なものを食べたいと考えています。しかし、購入する上で「価格」というのは購入するかしないかを決める判断材料になると思います。

無農薬野菜は一般的に野菜を栽培するのとは違いどうしても手間がかかります。たとえば虫の駆除も農薬を使えばあっという間です。しかし、農薬なしで虫がつかないようにするにはほかの社団を探さなければなりません。それには費用が発生することになりますからコストはUPすることになります。
この一般の野菜と無農薬野菜の差はどのくらいなのでしょうか。一般的に2?3割ほど割高です。
これをデメリットと捉えるかどうかは消費者の判断になるといえます。


「安心」=「美味しさ」ともいえると思います。
無農薬野菜をと求めるのは家族の健康を考える家庭の主婦だけではありません。プロの料理人も「味」の面からも「無農薬野菜」を求めるそうです。
「無農薬野菜は」安心かつ美味しいといえることになりますね。
このように「無農薬野菜」のメリットと言えば『安全』『美味しい』と言うことになるでしょう。
農薬を使った野菜には自ずと農薬が残っています。この野菜に付いている農薬はそのまま人間の体内に入ります。体の中は汚染されていきます。
無農薬であればこの心配はありません。
また一般的に販売されている野菜の苦手なお子さんも無農薬の野菜を食べると美味しい!!と言うそうです。結果、苦手だったや野菜を克服できたという子も少なくありません。無農薬で作ることで野菜本来のおいしさが味わえるということでしょう。
また無農薬野菜は栄養価も高いのです。野菜をたくさん食べたいけれどなかなか量をこなすことが難しいと思います。普通の野菜より無農薬の野菜は栄養価が高いのですから効率の良い食べ方ができます。
また農薬を使わないということで環境破壊もしないということにもなります。

食材宅配

有害なものしか手に入らなければ食べないという選択も難しいものです。当たり前ですが食べなければ生きていけません。生きるためには一生食べることは続きます。
そこで安心して生きていくために、「無農薬野菜」への関心も高まっています。
農薬を使った野菜を摂取し体に溜まることを恐れ、体を守るために「無農薬野菜」に着目され、無農薬であれば安全・安心と言うイメージが作られています。
確かに農薬をたくさん使った野菜は体への悪影響は、無農薬で栽培された野菜に比べ高くなります。
この農薬は、畑の害虫を駆除する目的や、農作物の病気を予防するために使われます。これは違法ではありません。しかし、その野菜にどんな農薬がどれだけ使われたかは全く消費者側には伝わってきません。安産かどうかを知る由もありません。
しかし「無農薬野菜」は有機野菜ほどの厳しい基準がなくその作物が栽培されている期間に一切農薬が使われていない野菜ですから安心と言えるでしょう。
この「無農薬野菜」は一般的なスーパーでの品ぞろえは少ないものです。無農薬野菜専門宅配を利用することで入手できます。
安心と言える「無農薬野菜」ですがものごとはメリットがあればデメリットもあります。これは無農薬野菜にも考えられることです。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2014年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。